読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦と生活社は大手通販サイト販売だから安心 2017年度 エンディング

注文番号 最近身の回りで若い方が突然亡くなり!購入することにしました。期待通りの内容でした。。

こちらになります!

2017年03月05日 ランキング上位商品↑

エンディング 主婦と生活社私のエンディングノート [ 主婦と生活社 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

生命保険・年金・クレジットカード・預貯金・不動産、そして例えば自分が認知症になったり、介護が必要になったとき、自分がどうしてほしいか、また尊厳死・葬儀やお墓をどうしてほしいとか、この一冊でまとめて、自分の意思を記録しておけます。母へプレゼントで購入しました。そんな話を母から聞いて忘れない内にすぐに注文し!母にプレゼントしました。数年前に身内が突然亡くなった際、言い表せない程大変な思いをしました。ボックスカバーがついていて本棚にきちんと収納出来ます。財産なんて自分は無いと思いながらも何も無い訳ではなく!いざと言う時には周りがどれだけ振り回されるか知っている私は早速使いました。自分の事(体のことや!どういう人生だったかなど)を書く欄もあり!めんどくさがりの方には向かないかもしれませんが!孫の立場としては!書き残しておいてもらいたい内容も多かったです。実際に死亡した後!どんな手続きをしなければいけないのかも!いろいろと細かく掲載されてます。遺言書やり手軽で取り組みやすいと思い、こちらを購入しました。自分に万一のことがあった後!家族に面倒・苦労をかけないためにも!財産・債務を含む自分の身の回りのことを!責任を持って考え行動すべきだと!ずっと思っていたので!人生に必須の1冊になりました。今も思い付いた時にチョコチョコ書き込んでるみたいです。希望や伝えたいメッセージが書き込めるようになっているので、漠然としていた気持ちや希望が具体的に家族等に伝えられると思います。還暦を迎えた父と母に送りました。軽く自分史のような事も(時代ごとに)書き綴れて!思い出の写真をはる箇所もあり!他には 残された家族へのメッセージや どういう葬儀を希望しているかなど!「なるほど!こういう事を事前に意志表示しておくと残された家族が助かるんだな〜」という内容が多々ありよかったです。他で購入したエンディングノートに比べ、内容も多く、物自体の素材もしっかりしていたので、こちらに決めました。万一のことがあったとき、残された家族がスムーズに各種の手続きができるように、まとめて書いておくことは絶対必要です。この本の存在を知ったのはテレビでした。』と言われてしまいました。安いエンディングノートも多々出ておりますがこちらのは作りもしっかりとしていて、内容も充実してましたので1番おすすめです。後日、母と話てる時ふとこの本のことを思い出し母に話したところ、『ずっと前に私がその話したぢゃん。』って言ったらしく……全くもって覚えてないけど。保険や貯蓄、形見分けをどうしたいかなどなどをあらかじめ書いておけるので、遺言とまではいかないけど、残された遺族にとっても便利なアイテムだと思います。。中でも「遺言書の文例」は必見です。。。記入はまだですが色々人生を振り返り自分を見つめ直す時間が持てそうです。私は形見分けや、遺品整理についてを詳しく書きたいと思っていたのですが、その欄が少なかったので星をひとつ減らしました。体調が優れず検査をしたのですが!問題なかったので!何かあってからではかえって!購入しずらいと思い購入しました。残された人のためにも!これは必要だと思います。母はとても喜んで、こんな親不孝な娘なのにとても感謝してくれてました。いつか訪れる最後の時ですが準備は早いに越した事はありません。まだ50代ですが、もしものときや将来のために、少しでも本人の希望を大切にしたいと思い贈りました。自分の経歴から始まり、年代ごとの思い出や、遺産の覚書のほかに、遺影に使ってほしい写真を貼る場所などがあります。このノートには!そのほか!いろいろためになる情報も簡単にわかりやすく解説されていて!勉強になります。死亡後の予備知識(相続など)について説明するページもあり勉強になります。遺言書・ローン・保険・相続・法要などなど・・。もっと物々しい硬いイメージでしたが写真をはるコーナーや友人連絡先など必要なページが家計簿か日記のように出て来ます。結局!他の検査でこのノートが必要となってしまい!購入を少し後悔しています。やっぱり買って良かったです。考えている方は、健康なうちの購入をお勧めします。2人のおばあちゃんへの敬老の日のプレゼントに購入しました。。プレゼントするのに、どう受け止められるか多少ためらいましたが、双方とも喜んでくれたのでほっとしています。自分にいつ何が起きるかわかりません。実家の母が亡くなり色々捜すのが大変でしたから。』って言ったらしく、それを聞いた私は『ぢゃあ、私が買ってあげるよぉ。簡単に要約しますと、遺書の「一歩手前の遺書作り」といったところです。必要な項目が一冊に網羅され特に的確なアドバイス項目、内容も素晴らしいです。一見したところ!使いやすそうです。出版元の「主婦と生活社」は、週刊・月刊誌を手がけているだけあって、いい本を作ってくれますね。ダンナの分も欲しいくらいです。そろそろ60に近くなり、内容を見ながら書いてみようと購入。自分の時も回りにあんな思いをして欲しく無いので購入しました。これは、葬儀屋さんに見せると葬儀の打ち合わせがスムーズに行くのでは?とも思いました。前から欲しがっていた母のために購入しました。これからです。 誤解を招くと困りますが、両親にも読ませたい本だと実感しました。自分で記入する部分もシンプルだから、書くのも必要な分だけだし、読む人にはわかりやすいと思います。この本と!もう一冊別のエンディングノートと併用してちょうど私の書きとめておきたかった内容がちょうど良い気がしました。自分が死んだときのことを考えて、このエンディングノートを購入しました。その時、母は『こうゆう本があって、私も買ってみようかなぁ。本当に必要なことが載ってます。他の商品と迷いましたが、これはハードケースに入っていて、内容も「クレジットカードやPCの暗証番号」「尊厳死と延命に関する希望」「葬儀・戒名に関する希望」など実際残った者が直面する現実を考えて作ってあります。